クラチャイダム栽培

クラチャイダムはどんなところで栽培されているの?

クラチャイダム

公式クラチャイダム


アルギニン含有量マカの2倍。
タイ産クラチャイダム100%含有。
国内工場で一貫製造。


公式クラチャイダム

 

 熱帯地方の栄養がある土で育つ

 

クラチャイダムは、タイが原産のショウガ科の植物です。ハーブの一種で、現地では1000年以上も昔から栽培され続けていると言われています。1000年以上も昔からあるということで、栽培は簡単だと思いきや、実はそう簡単ではありません。

 

植物自体はそんなにデリケートなものではないのですが、条件が悪いとクラチャイダムに含まれる栄養素が減ってしまうという難点があります。ですので、良質なクラチャイダムは、タイ国内でも限られたところで栽培されていると言えるでしょう。

 

ちなみに、良質なクラチャイダムはタイ国内ですら品切れになることがあるそうです。タイでは普通のスーパーでクラチャイダムのサプリメントが買えるみたいですが、植物単体ではあまり出回らないみたいですね。

 

 タイ以外で栽培は可能!?

 

これは可能です。実際に東南アジアの各国、南米でも栽培されているそうです。そして、日本でも沖縄に栽培しているところがあるみたいです。ただ、タイ以外の国の場合はタイから輸入した苗をその国で栽培するというパターンが多いようです。独自に品種改良とかはさすがにされていないと思います。輸入して育てる場合にも土の問題があり、成分に違いが出てくるようです。土によって成分が変わってくるのは、主に根の部分を食べるからで、土壌の影響を強く受けるわけです。

 

ちなみに、日本で個人で栽培することも可能です。寒い地方ではかなり厳しいですが、土の温度を15度以上に保てる環境なら栽培は可能です。家庭菜園とかそういうのが得意な人はやってみてもいいかもしれませんね。

 

 タイ産のクラチャイダムが一番

 

栄養価が高い本物のクラチャイダムは、やはりタイ産です。タイの中でも限られた地域でしか栽培されていないので、加工前のものを入手するのは極めて難しいでしょう。サプリメントなどになったものを摂取するのが一番です。

 

ちなみに、何が上質なのかというと、タイ産のクラチャイダムは、「アルギニン」の量が他の産地のクラチャイダムよりも多いのです。沖縄産のクラチャイダムとは同じクラチャイダムなのに含有量が2倍近く違うようなので、アルギニンの量を求めるのであれば、やはりタイ産であるかどうかという点に注目してみるといいでしょう。